富士市の歯医者 小沢歯科医院

審美歯科(デンタルエステ)

小沢歯科医院において行われている審美歯科(デンタルエステ)についてご紹介致します。

現在の歯科診療においては、ほとんどが保険内で処置することが可能です。
しかしながら、さまざまな制約もあり、歯の欠損(失い方)によっては、固定式の物が認められず、入れ歯になってしまったり、特に女性の方に多いのですが、見えるところは出来るだけ白くしたいが、保険で認められている治療方法だと銀歯になったり、強度の点で弱いものだったりで、患者さん方のご要望に充分お答えできないこともあります。

さらに「入れ歯やブリッジより、もっとよく噛めるものは?」「入れ歯に変わるものはないか?」「もっと自然な感じの歯は入れられないの?」といったご要望にお答えするために行われるのが自費診療です。

ですから保険診療と自費診療とを上手く組み合わせていただけば良いのではと考えております。

治療法

●セラミック法

2つの種類があります。金属とセラミックを張り合わせた土台を使用するタイプのメタルボンドと、セラミック素材のみを使用するオールセラミックに大別されます。


メタルボンド(セラモメタル)メタルボンド(セラモメタル)

現在、最も一般的に製作されているセラミックの差し歯がこのタイプです。

金属の上にセラミックを焼きつけたものです。

自然の歯に近い色や形、歯並びを再現することができ、長時間お使いになられても変色等の心配がありません。


オールセラミック

オールセラミックとは金属を全く使用しないでセラミックだけで作ったものです。

見た目も一番自然の歯に近く透明感があり、変色もしないため自然な色合いと形を再現できます。

審美的にも最も理想的なかぶせものです。


●ラミネートベニア法(板状の薄片)

歯の一部が欠けてしまったり、歯の形が不揃いだったり、歯と歯の隙間が気になっていたり、または歯の色にお悩みの方にご利用いただけます。

歯の表面を一層だけ(約0.5ミリ程度)削り、歯の表面に天然の歯の質感に近いセラミック製のシェルと呼ばれる板状の薄片を取り付ける治療法です。患者様の歯と同様の色や形で仕上げます。

この治療法では歯を削る量が少なくて済みますが、歯の形や歯並びの修正には限界があります。


●ハイブリットインレー

ハイブリットインレーセラミック(陶材)と合成樹脂を混ぜて 天然の歯とほぼ同様の硬さ 同様の色にした詰め物です。

臼歯(奥歯)の小さい詰め物として使用されます。

奥歯に小さい金属が入っており笑ったときの金属が気になる方に最適です。